グリッド・イン・ホテルへようこそ。

グリッドインホテルが位置する観水洞は、鐘路3街にある村で、清渓川に流れる水観望するという意味で付けられた名である。 清い水が流れる清渓川を守り、大韓民国の五千年の歴史をそのまま抱いている村である。

2016年12月15日、このような歴史的な中心地で遂にホテルのオープンを迎えた。 地上9階、41個の客室、そしてレストランを兼備する小さなホテルである。大きさと華麗さより、小さくて美しい空間を求め、我が家のような気楽さを追求する。

グリッドインから南山を眺めながら穏やかに眠り、徒歩で李氏朝鮮の五百年の遺跡地の観光ができる。明洞と東大門及び南大門が連接し、24時間の商業圏が形成されているので、旅行者としての楽しさを全て経験できる。